MENU

薄毛予防の正しいシャンプー方法

ここでは薄毛予防になり得る、正しいシャンプーの方法についてお話していきたいと思います。

 

その主なポイントは7つあります。

入浴前のブラッシング

ブラッシング

まず1つ目は入浴前のブラッシングです。

 

シャンプーをする前にブラッシングをして髪のもつれも梳いておけば、頭皮や髪の毛の汚れも落としやすくなります。

 

ブラシの毛が頭皮を刺激しますので血行促進の効果も出てきて栄養も届きやすくなります。

 

髪の毛を梳かす際にはキューティクルの流れに沿うように、頭皮の根元から毛先に向かって梳かすのがポイントです。

 

ただし、梳かす際の頭皮への刺激が強すぎますと頭皮を傷付けてしまいますので、程よい力で梳かすようにしてください。

 

素洗い

キラキラの髪

2つ目のポイントは素洗い、つまりシャンプー前にお湯だけで頭皮や髪の毛を洗っておくということです。

 

これは38度位の温めのお湯で2分位マッサージするように洗うのがポイントです。

 

髪の毛についた殆どの汚れは、この段階で落とすことが出来ると言われています。

 

またお湯でもみ洗いすることによって毛穴が開き、シャンプーで頭皮の汚れを落とす準備をすることも出来るのです。

 

ゴシゴシ力を入れて洗う必要はないですし、爪を立てて洗うと頭皮を傷付けてしまいますので、指の腹で揉むように洗うようにしましょう。

 

良く泡立てる

3つ目のポイントは、シャンプーを手の平でよく泡立ててから洗うということです。

 

シャンプーの液を直接頭皮に付けてしまいますと、液が毛穴に詰まって洗い流せなくなる可能性がありますので厳守してください。

 

指の腹で優しく

シャンプー中

4つ目は指の腹で優しく揉み込むように洗うということです。

 

ゴシゴシ力を入れたり爪を立てたりして洗ってしまいますと、素洗いの話の中で指摘しましたように頭皮を傷付けてしまうからです。

 

指の腹で地肌をマッサージするように優しく揉み込むように洗いますと、頭皮の毛穴にまでシャンプーの泡が届き、余分な皮脂を効率的におとすことが出来ます。

 

良く濯ぐ

5つ目はシャンプー後によく濯ぐということです。

 

シャンプーの濯ぎ残しがありますと毛穴に詰まったり、雑菌の繁殖や痒みの原因となる可能性もあります。

 

2分〜3分位かけてしっかりと洗い流し、濯ぎ残しのないようにしましょう。

 

この時も、頭皮を揉むように洗い流すようにしてください。

 

トリートメント

トリートメント

6つ目はトリートメントについてです。

 

トリートメントは頭皮に付いてしまいますと、毛穴詰まりや頭皮環境悪化の原因になってしまいます。

 

必ず毛先にだけ付けるようにし、やはり濯ぎ残しのないように十分時間をかけて洗い流すようにしましょう。

 

乾かす

ドライヤー

最後の7つ目は乾かす際の注意点です。

 

入浴後に乾かす際にはまず、柔らかいタオルで髪の毛をゴシゴシこすらないように、髪の毛をはさんで水分を押しとるようにしましょう。

 

ドライヤーを頭から20cm位離し、根元から毛先に向かって乾かすのがポイントです。

 

完全に乾ききらなくても、9割程度乾かせば十分です。

 

なお熱風だけで乾かしていると頭皮が乾燥し髪の毛を傷めてしまいますので、最後は冷風もあてて、キューティクルを引き締めておくことも大切なポイントです。